GCAはフーリハン・ローキーグループの一員になりました

Insightsインサイト

ESGセクターレポート EV(電気自動車)がもたらすインパクト

Insights

GCAによるEV(電気自動車)業界に関するESGセクターレポートをご紹介します。

エグゼクティブサマリー

  • EVは、我々の日常生活と業界構造をグローバルレベルで変革する可能性を秘めている。e-モビリティの台頭は、地球環境への意識の高まりにより、避けて通れないトレンドであり、米国のパリ協定復帰は、2050年の目標を達成するための世界各国のカーボンニュートラルへの取り組みをさらに加速させている
  • ほぼすべてのOEMが、短中期的にICE(内燃エンジン)を段階的に廃止することを公約している。OEMによるEV専用プラットフォーム投資が増加し、環境に配慮していることを証明されるにつれ、この傾向は継続・加速する可能性がある
  • 多くのOEMはサードパーティへの依存を減らし、独自のバッテリー工場を建設することを選択。これは現在の環境では理にかなう動きのように見えるが、持続可能な戦略ではない。彼らは更なるパートナーシップを模索する可能性が高く、3~5年後にバッテリー生産事業の統合が進むと予想される
  • EVの商品レンジは、現在のICEのそれを満たすか超える必要がある。中期的には、充電容量600マイル(約1,000km)の航続距離、10分間のフルサイクル充電が必要となる。これには、消費者需要に応えることができる新しい電池構成、または固体電池(またさらに発展したもの)への移行が必須となる
  • 電動化(electrification)は、幅広い業界分野で激しい競争を引き起こしている。多くの非自動車企業がイノベーション競争に参画しており、自動車自体を変えるための競争が加速。それに伴い、EV /バッテリー分野でのM&A活動は急速に増加している

一覧へ戻る