Career採用情報

Why Work at GCA Strategy and PMI TeamGCA 戦略&PMIチームで働く理由

我々と志をともにし、能力を発揮いただける仲間を募集します。
GCAの戦略&PMIチームが目指すのは、インオーガニック成長を契機としたクライアント企業の変革です。M&Aの遂行にとどまらず、企業のあり方を根本から変革し、クライアントの成長や社会の発展に貢献します。
戦略コンサルティングの経験者だけでなく、あえて多彩な能力を持つ人材を集め、戦略&PMIチーム自身が常に変化し続けることを志向します。
インオーガニックに特化した企業変革、多彩な仲間からの学び、チーム自身の変革等、GCA 戦略&PMIチームには活躍と経験の機会があります。

Consultants’ Voiceコンサルタントの声

Associate / A.Yアソシエイト A.Yさん事業会社出身

なぜ戦略コンサルタントになりたいと思ったのですか?

企業や社会の本質的な課題に対し、自分の知見やアドバイスによって直接「変革」を起こせる仕事がしたいと思い、戦略コンサルタントを選びしました。
前職の事業会社では、日々の業務から、社内全体の課題を認識していました。しかし一部門、一領域に特化した存在では、企業の内から変革を起こすまでには至りませんでした。自分自身の根本的な力不足も実感しました。ビジネスマンとして、あらゆる能力を習得・向上させて、企業を「変化」ではなく「変革」に導ける存在になりたいと思いました。

実際に働いてみて、GCA S&Pチームで働く魅力は何だと思いますか?

M&Aという、会社の命運を左右する大きな決断のサポートができる点、M&Aを軸として広範囲のテーマ/業種に関与できること、またそのコンサルティング手法を確立する経験が積めることだと思います。
M&Aは企業の成長には欠かせない手段です。新事業や業態転換を図るような重要な意思決定に、直接アドバイスすることができるのが魅力です。
ひとことでM&Aのアドバイスといっても、戦略策定からM&A成立後の経営体制確立、M&Aをきっかけとした企業変革まで、幅広いテーマが存在します。国内外問わず、さまざまな業種の企業にアドバイスします。一般的なコンサルティングファームに比べてGCA S&Pチームが小規模だからこそ、業種やテーマを固定することなく、知見を積む機会が得やすいのだと感じます。一度関わったクライアントを別のテーマで支援することも多く、クライアントの変革を長期的に支援することもあります。20代、30代前半の間に、M&Aを軸として多様な業界やテーマの知見を積めるのは、大きな魅力だと感じています。
そして実際に働いてみてわかったことですが、こうしたM&Aに関連するコンサルティング領域は、プラクティスとしてまだ確立途上の新しい領域だということも実感しました。M&Aを前提とした成長戦略、経営統合の手法など、新たなプラクティスを自分たちで確立できるのは、M&Aに特化したファームならではの魅力だと思います。

これまで経験した仕事で、特にやりがいを感じたプロジェクトについて、教えてください

「「念願のインド進出がやっと実現した」「30年間大切に育てた娘(会社)を、嫁に出すことにした」、という経営者の言葉に、M&Aに携わる意義を実感しました。
クライアントの日系企業が、インド企業を買収したプロジェクトでのことです。クライアントは長年自社でのインド進出を試みてきたものの、自社での進出には大きな壁がありました。GCAはインド参入戦略、買収先候補企業の選出や意向調査から支援し、理想的な会社を見つけ、買収後の経営体制構築、統合支援までを行っています。
一方の対象会社は、30年前に創業者が一から会社を興したオーナー企業。創業者が高齢となり経営の担い手を探していたのです。
クライアントにとっては初の海外M&A。私たちは不安やリスクを具体的な対応策に変え議論を重ねました。その中に、買収時の経営陣交代による人材流出の可能性がありました。創業者への従業員の信頼が厚いだけに、対策が必要でした。 そこで、経営統合が完了する日(Day1)に新出発を祝うイベントを企画。新旧の経営陣に従業員の前で、新たな出発にかける思いを語って頂くことにしました。それが冒頭の言葉です。「念願のインド進出がやっと実現し、大きな一歩となりました。皆さん(従業員)の力を借り、ともに学び確実に成長していきたい」と、クライアント。創業者からは、「30年間大切に育てた娘(会社)を嫁に出すことにした。親として何度も議論をしこの相手ならば大丈夫だと確信しました。これからは両社で新たな生活を始めよう。」経営者の心からの言葉に、感情面でも両社が1つになるのを感じました。 感情面の統合支援も我々の大切な仕事。無機質でネガティブに見られがちなM&Aも、それぞれの思いの上で成立していることを改めて実感しました。数年後に振り返って、クライアント企業の転換点となるような案件に、今後も携わりたいと思います。

Associate / B.Kアソシエイト B.Kさんコンサル会社出身

なぜ戦略コンサルタントになりたいと思ったのですか?

前職は総合コンサルティングファームで、戦略コンサルタントとして様々な業界、テーマに関わることができ、そのこと自体に魅力を感じていました。
GCAでは、「小規模/中規模の事業を多産できる人材」を目指すために、戦略コンサルタントを続けたいと考えました。戦略コンサルタント、特にM&Aに特化した戦略コンサルタントであれば、新規事業への進出(ディール前)、企業の強みの分析(ディール中)、買収先企業のガバナンス(ディール後)など、事業を興す上で必要になるテーマに関する知見を積むことができると考えました。

実際に働いてみて、GCA S&Pチームで働く魅力は何だと思いますか?

GCA S&Pチームは立ち上げから数年程度の若いチームです。自分たちの事業や組織の将来像を自分たちで創り、実現できる場だと思います。 入社前の面接で、チームのリーダーらが生き生きと今後のビジョンを語っていたのが印象的でした。実際に入社後も、チームをよくするための意見が飛び交う様子から、日々刺激を受けています。
チーム全体にベンチャー感があり、自分がやりたいと手を挙げれば、社内外のプロジェクトに関与することが可能です。たとえば、自分が現在関わるインサイトを発信する取り組みでは、若手でも仮説を1から考える段階から参加できています。GCAがクライアント企業を中心に定期的に発行しているニュースレターに、自分なりの視点で企業統合する論考を発行する機会にも恵まれました。前職では、こうした活動は主に中堅社員以上が担っていたので、機会が広がったと感じます。
ポジティブに様々なことに挑戦していきたいという人には、絶好の環境だと思います!

これまで経験した仕事で、特にやりがいを感じたプロジェクトについて、教えてください

ある技術系スタートアップの株式取得是非を検討するプロジェクトが最も印象に残っています。厳しい環境の中で、自分の限界を尽くして働いたと思えるプロジェクトでした。
プロジェクトの目的は、対象会社の事業計画の妥当性と、実現のための最重要論点を判断することでした。事前に対象会社の分析を行った上で、クライアントとGCAでシリコンバレーにある対象会社を訪問。事前分析からプロジェクトを主導していた私は、S&Pチームからひとり任され、FAメンバーとともにクライアントに同行しました。
対象会社のCEOらは強い意思でその事業を実施しており、事業の将来性について強気の見方をします。一方、クライアントとGCAは市場や競合環境から冷静に分析するため、比較的保守的な見方をします。立場の違いから見方が異なるのはもっともですが、将来的にはビジネスパートナになる相手。相手の考えを理解するために議論をナビゲートするのが、コンサルタントとしての腕の見せ所でした。 議論の場では、クライアントの見立てを対象会社に対し論理的/視覚的に説明し、相手側の見立てを聞きながら即座に整理。双方の見立ての差異を浮かび上がらせます。その上で、どちらの見方がより”合理的”かを議論しました。
日中にこのような議論をした後、夕刻からは分析・論点整理。翌朝のクライアントとの作戦会議に挑む日々。限られた出張期間内に膨大な論点を議論するためには、1日1日に綿密な事前準備と、的確でスピーティな分析が求められました。プレッシャーの中で、自分の限界を尽くしてやりきりました。
結果的に、クライアントのプロジェクトオーナからは「まさにこういうアウトプットを創ってほしかった。短時間でよくまとめきった」と高評価を頂くことができました。厳しい環境の中でこれまで培ったスキルを出し尽くし、クライアントに満足をいただけたことで、自身の成長を実感できた案件となりました。

Analyst / C.Tアナリスト C.Tさん事業会社出身

なぜ戦略コンサルタントになりたいと思ったのですか?

日本企業に限らず、グローバルに活躍する企業の競争力アップに貢献する仕事がしたいと思いました。
前職では事業会で働いていたので、関連する業界・職種における貢献までにとどまり、限界を実感しました。
戦略コンサルタントの世界に飛び込んで修行することで、自身が経験のない業界の方々とも「経営」という共通言語で理解し合い、そうしたクライアントの支援を通してより大きな社会貢献がしたいと思いました。

実際に働いてみて、GCA S&Pチームで働く魅力は何だと思いますか?

GCA S&Pチームは、自身の市場価値向上に絶好の場だと思います。
コンサルティングに関する基礎スキルはもちろん、M&Aやファイナンスの知識、グローバルでの業界動向や最新のトレンドに関する情報を、日々の仕事の中で取り込むことができます。これらの知識・情報とコンサルティングスキルである論理的思考力を掛け合わせることで、自身のアウトプットの質を高めることができると感じます。
社内セミナーや研修、クライアント向け講演会で招聘する著名なゲスト達、プロジェクトの遂行はもちろんのこと、日常的な業務でのチーム内のディスカッション自体からも学びの機会を得ていると実感します。
小規模チームながら、メンバーの出自もさまざまです。コンサル業界出身者だけでなく、鉄道、メディア、政府系金融機関、医療などの業界出身者や、外国籍のメンバーなど、「当たり前」が異なるバックグランドの人と一緒に働くことで、新たな着想が得られるのも魅力だと思います。
チームでは、プロフェッショナルとしてのスキル習得やキャリアだけでなく、人生において何者になりたいのか、なるべきなのかについて、各人が真剣に考えており、いつどのメンバーに相談しても議論相手となってくれる点も心強いです。

これまで経験した仕事で、特にやりがいを感じたプロジェクトについて、教えてください

自身はまだ、関与したプロジェクトが少ないですが、とある事業のマーケットスタディを行った際に、自分も貢献ができたなと感じられました。
クライアントから“ある商品の新たな活用シーン/方法などを考えてほしい“という依頼を受けました。クライアントはその事業を何年も経験しているプロです。事業のプロを相手に、新たなアイディアを提示するためには、誰もが思いつくような案では価値がありません。24時間毎日、そのことをずっと考え続け、自分の案を提示しました。いくつか提示した中の一案が、クライアントから気に入っていただけた時に、自分は貢献できたと感じ、やりがいを感じました。
このプロジェクトを通じ、コンサルタントは「思考力」を武器にして、事業のプロであるクライアントと対峙し、価値を出すことができる存在なのだということを実感できました。

Application Requirements募集要項

Mid-career中途採用戦略コンサルタント

職種 戦略コンサルタント
職務内容 インオーガニック成長戦略及び、PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)支援などの戦略コンサルティング業務
応募資格
  • (国内外)大学又は大学院卒業後、企業/官公庁/ベンチャー/プロフェショナルファーム/研究機関等での実務経験をお持ちの方
  • (国内外)MBA課程修了者 歓迎
  • 原則として、以下の業務に関する実務経験3年以上
    • 経営・戦略コンサルティング業務
    • 経営企画実務、事業戦略立案
    • 企業/事業再生実務
    • ベンチャー企業などでのCxO
    • ビジネスデューデリジェンス
    • M&Aファイナンシャルアドバイザリー業務
  • 海外業務経験者 歓迎
  • GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同
給与 年俸制
個人の能力により当社規程に照らして決定します。
諸手当 通勤交通費(当社規定による)など
昇給 当社規程による(年1回、1月)
賞与 当社規程による(年1回、3月)別途支給
勤務地 東京、大阪、名古屋、福岡
※将来、海外勤務可能性あり
勤務時間 9:00~18:00(昼時間1時間を含む)
但し、フレックスタイム制あり
休日休暇 完全週休二日制(土・日)、祝日、年末・年始、年次有給休暇(1週間超連続休暇×2/年の奨励制度あり)、出産休暇制度、育児休業制度、介護休暇制度、その他
保険 各種社会保険完備
(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)
福利厚生 長期所得補償保険、医療保険(労災以外に適用可)、団体定期保険、スポーツクラブ、人間ドック受診制度(法定定期健康診断に加えて)、従業員持株制度、借り上げ社宅制度、その他

エントリーフォーム

Contact Information連絡先

採用に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームより行ってください。
後日、担当者よりご連絡いたします。

GCA株式会社 人事採用グループ

お問い合わせフォーム