Insightsインサイト

事業ポートフォリオ診断

Offering

事業ポートフォリオについての検討は十分でしょうか

経済産業省の問題提起『事業再編ガイドライン』(2020年7月31日公表)より

コロナ禍という「有事」において、企業の競争優位性に基づくビジネスモデルを確立するための、事業ポートフォリオの組替えと、それに伴う組織能力の変革を成し遂げられるかが、その後の成否を分ける。
経営環境が激変する中、日本企業が持続的成長を実現するためには、貴重な経営資源をコア事業の強化や将来への成長投資に集中させる必要があり、そのための事業ポートフォリオの見直しが急務である。
日本企業においても、事業ポートフォリオ検討の必要性について認識が高まりつつあるものの、事業の合併・買収と比較すると、事業の切出しに対しては消極的な企業も多く、必ずしも十分に行われていない。

ご提案事業ポートフォリオ診断

貴社の事業ポートフォリオを俯瞰し、改革の機会と、改革による潜在的な企業価値向上インパクトを把握できます。

GCA提供価値

GCAは、ファイナンス、企業戦略、M&Aに関する、豊富な経験と深い知見に基づいて事業ポートフォリオ検討のポイントをおさえた診断を進めます。

近時のポートフォリオマネジメントにおける判断基準(例示)

ビジョンへの合致判断の検討項目例

下記のような項目を検討してビジョンへの合致度が判断される。ただし、主観的要素も多く、アナリストやアクティビストとの論争になるケース、経営層交代により判断が変わるケースも散見される。

■ 日社会変化のトレンドにアドレス
■ 国連持続的開発目標(SDGs)にアドレス
■ 事業環境の将来展望
■ 顧客や顧客課題の変化
■ 市場の成長性
■ 競合環境(付加価値競争、価格競争・・・)
■ 自社の存在意義との合致
■ コアコンピテンスとの適合
■ 競争優位の獲得可能性・持続性
資本収益性指標の例

資本コストを考慮した指標を用いることが一般的となった。ただし、それを厳格に適用することの弊害も指摘される。

■ 投下資本利益率(ROI, ROIC,ROCE)
■ 投下資本利益率>資本コスト
■ EVA=NOPAT-Capital Charge
■ EBITDA×マルチプルによる事業価値(と投下資本の比率)
■ DCFによる事業価値(と投下資本の比率)

一覧へ戻る