Insightsインサイト

中計策定/中計具体化支援

Offering

株主/社会に対して説明責任を果たせていますか?

株主と如何に付き合っていくのか

昨今、アクティビスト*1対応は、多くの企業にとって喫緊の課題となっています。 2019年には、株主総会において、株主提案を受けた企業が54社と過去最多となりました。 また、中期経営計画(以下、中計)において、M&Aをはじめとする成長戦略を掲げる企業が増加する一方、「事業戦略との整合性」、「目標・実行計画における具 体性欠如」により、計画止まりとなるケースも散見されます。 持続的な企業価値向上のためには、平時から成長戦略を具体化し、それを着実に実行する、また、投資家、株式市場に対して開示していくことが益々重要となっ ていきます。また、メガトレンドのひとつである、ESG経営を志向することも重要テーマの一つとなっています。 GCAは、買収防衛や中期経営計画に対するインオーガニック戦略の視点からのアドバイスを数多く手がけてきました。

「攻め」と「守り」の対策は十分か

ホラーストーリーは現実に。今こそ、明確な成長戦略が必要

株主提案やTOB等の有事に陥った際、企業が被る損失は甚大です。
リスクを未然に防ぐためにも、明確な成長戦略を描き、発信することが重要です。

「株主目線を意識した中期経営計画」に仕立てる

現状のアクティビストからの接触有無に関わらず、ご支援が可能です。
成長戦略立案を中心に、中期経営計画策定、具体化を包括的にご支援します。

GCAの提供価値

GCAは、事業戦略立案からFAまで一気通貫でご支援が可能です。

一覧へ戻る