GCA
GCA USGCA ALTIUMGCA FASMCoGCA Technovation

大田 浩昭

マネージングディレクター

Background

GCA株式会社 マネージングディレクター

1993年より東京及びニューヨークにてM&Aアドバイザリー業務に従事。当社入社前は、日系投資銀行にて海外案件統括部長、不動産/金融セクター統括部長、一般製造業及びテクノロジーセクター統括部長を歴任し、公開買付けを含む国内外の数多くの案件に関与。主要な主導案件には、東レによる米国上場会社Zoltek買収、東芝機械によるインド射出成形機会社買収、株式・現金・新株予約権を対価とする本邦初のクロスボーダー三角合併を利用したDeNAによる米国企業買収、電通によるインドJV3社100%化、カネボウによる産業再生機構への化粧品事業売却等がある。住友商事によるいすゞ自動車へのインドSML Isuzu株式売却、ミツバによる自動車電気工業の買収、ユニゾンキャピタルによるキリウ売却、ユーシンによるRHJとの資本提携等、自動車関連案件の経験も豊富。又、Sheraton Miramar Santa Monica・Hempel Hotel・Hotel Nikko Saipan売却等海外ホテル案件にも精通。

1993年/さくら銀行事業開発部(M&Aグループ) 1997年/同企業情報部(NY駐在代表) 2000年/同企業情報部(東京) 2001年/大和証券SMBC企業提携部 2009年/ 当社入社。一橋大学経済学部卒、テキサス大学オースチン校MBA取得。

Back to team