GCA
GCA USGCA ALTIUMGCA FASMCoAMPLIA

業務内容

GCAは主にグローバルなM&Aアドバイザリーに焦点をあてています。重要な戦略に関する問題などに対しての判断やアドバイスを求めているクライアントに対し、幅広くサービスを提供します。GCAはM&Aアドバイザリーを提供する上で潜在的な利益相反となる業務を避け、公平なアドバイスを行うことに集中します。
更に、GCAは日本及び米国においてともに、アセットマネジメント業務を行うMCo株式会社、GCA Capital社を設立し、案件施行のサポート事業として、GCA FAS株式会社を設立しました。

M&Aアドバイザリー

GCAは単なるM&Aアドバイザリーではなく、クライアントの企業価値へ貢献します。

GCAが考えるM&Aサービスとは、単にM&Aアドバイザリーのみの狭義のものではなく、経営全般を見据えた上でのサービスです。長期的、総合的な視点でクライアントの経営全般について支援していく中で、その一つの経営戦略としてM&Aという方法が選択されるものと考えます。そして、案件の規模に関わらず、クライアントの成長にコミットするのがGCAのスタンスです。
上場企業・非上場企業に対して、売却・買収、非公開化案件及び、買収防衛、グループ再編、事業再生などの包括的なアドバイザリーサービスを提供します。
国や地域により異なる法務・会計・税務面の知識をもとに、個々の案件にとって最適なM&A戦略を立案、各プロセスにおいて適切なアドバイスを提供いたします。海外進出を検討する日本企業のサポートはもちろん、日本市場への進出を狙う海外企業のニーズにも対応。ビジネスチャンスを逃すことなく、クライアントの国際展開を力強くサポートします。過去にサービスを提供した数々のクライアントより、GCAのサービスは高く評価されています。

戦略・PMIコンサルティング

「成長戦略」の立案から「M&A」の実行、さらには「シナジー創出」を一気通貫で手掛け、企業の飛躍的な成長を確実に実現するために、GCAには戦略コンサルタントによる専門チームが存在します。

■インオーガニック成長戦略コンサルティング

グローバル競争において、世界の強豪と互角に戦おうとすれば、M&Aなくして経営戦略は語れません。M&Aによるインオーガニックな成長を遂げるためには、世界情勢の変化や技術革新など、企業の事業戦略に大きな影響を与える因子(チェンジドライバー)の抽出から始まり、戦略オプションの立案、及び実行シナリオオプション(ベース、楽観、悲観)の整理、M&A領域とタイミングの見極め、M&A候補の探索と評価、全社的最終意思決定に至るまで、従来とは違う考え方での戦略立案や調整が必要となります。
GCAの戦略コンサルティングチームでは、インオーガニック成長戦略に特化し、その検討から最終意思決定までを支援いたします。

■PMIコンサルティング

M&Aによりシナジーを創出するためには、経営ビジョンの統合、ビジネスモデルの再検討、組織モデルや人事モデルの再設計、オペレーションおよびITの統合など、全社にまたがり多岐にわたる領域の統合が必要となります。そのためには極めて短期間の間に「統合計画」をまとめあげ、遂行することが求められます。当然のことながら、組織の底辺には感情が流れています。双方の現場にどのように働きかければ、変革への賛同と協力を得られるか。周到なチェンジマネジメント戦略(意識改革)やコミュニケーション戦略が必要になるのは言うまでもありません。
GCAのPMIコンサルタントは、統合計画の策定から統合プログラムの整備と運営、さらには意識改革まで、シナジー創出に関連するすべてのテーマを支援いたします。

デューデリジェンス

GCA FAS株式会社はM&A取引におけるビジネス・財務・税務デューデリジェンスサービスをコアとしたトランザクションサービスを提供する専門家集団です。

GCA FASは監査人としての独立性を求められることなく、どのクライアントとも利益相反のない立場に立ち、クライアントの最善の利益のためにデューデリジェンス業務を行うことができます。
GCA FASの特徴は次の通りです

  • リピートクライアントが多いこと
  • 業界再編に伴う統合案件、企業再生案件、クロスボーダー案件と様々な目的に応じた案件実績があること
  • 売上高数億円から数千億円にわたる様々な規模の案件の実績があること
  • 事業法人、金融機関、投資ファンド等の様々なクライアントから依頼を受け、様々な業種に対する案件実績があること

GCA FAS株式会社に関する詳細はこちらをご参照ください。

アセットマネジメント

GCAはアセットマネジメント市場において積極的に活動を行っています。

シニアメンバーの経験と投資機会を見出すグローバルネットワーク、そしてマネージメントチームを導くパートナーを組み合わせます。

プライベートエクイティ、メザニンファイナンス、上場株式・債券など積極的に日本及び米国における各種のアセットマネジメント業務を行っています。
日本においては、メザニンファイナンスに特化したMCo株式会社が、日本初の本格的独立系メザニンファンドを運営しています。

メザニンとは、優先株、劣後ローン、劣後社債など、銀行などのシニアローンと普通株式の中間に位置するファイナンス形態の総称です。MCoは幅広い案件ソーシングネットワークと高いストラクチャリング能力を駆使し、MBO、M&A、バランスシート・リストラクチャリングなどに際して、高品質で洗練されたメザニン・ファイナンスを提供します。

MCoに関する詳細はこちらをご参照ください。