M&Aは仲介型、と思い込んでいませんか? 事業継承M&Aは、代理人型のGCAで。M&Aは仲介型、と思い込んでいませんか? 事業継承M&Aは、代理人型のGCAで。
M&Aをお手伝いするからには、御社のためだけに尽力したい。これが私たちGCAの基本姿勢です。交渉の相手からは報酬をいただきません。GCAが担うのは、あくまでも御社の側だけに立つ代理人(アドバイザー)の立場。売り手と買い手、双方から手数料を受け取るM&A仲介業者とは全く異なります。事業承継に伴う不安を払拭し、必要なアドバイスを差し上げ、創業者の想いを必ず実現します。それこそが、「For Client’s Best Interest」を掲げる私たちの姿勢。代理人型のM&Aで、未来へと続く企業へ。是非一度ご相談下さい。M&Aをお手伝いするからには、御社のためだけに尽力したい。これが私たちGCAの基本姿勢です。交渉の相手からは報酬をいただきません。GCAが担うのは、あくまでも御社の側だけに立つ代理人(アドバイザー)の立場。売り手と買い手、双方から手数料を受け取るM&A仲介業者とは全く異なります。事業承継に伴う不安を払拭し、必要なアドバイスを差し上げ、創業者の想いを必ず実現します。それこそが、「For Client’s Best Interest」を掲げる私たちの姿勢。代理人型のM&Aで、未来へと続く企業へ。是非一度ご相談下さい。

事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

M&AのプロセスM&Aのプロセス

高い専門性を活かしてクライアントの皆様にベストの解決策をご提供します。

事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

事例紹介事例紹介

GCAがお手伝いした事業承継M&A。クライアントの皆様の思いを実現させます。

CASE1 業種:不動産業(賃貸住宅管理)CASE1 業種:不動産業(賃貸住宅管理)

案件の概要

  • ・もともとは社長を含む創業家で全株式を保有
  • ・10年、20年先を見越し、独立路線ではなく大手の傘下で更に事業を伸ばすことを企図してプロジェクトに着手
  • ・譲渡先は東証一部上場の大企業(不動産業)
  • ・現在対象会社は当該譲渡先の重要ビジネスラインの新ブランドとして活躍中

GCAが考えるFor Client’s Best Interest

  • ・更に事業を成長させる、という切り口で大手企業を中心に買い手候補先を発掘
  • ・もともとの目的である、将来の事業成長に資するM&Aを実現させるための条件交渉
CASE2 業種:不動産業(賃貸住宅管理)CASE2 業種:不動産業(賃貸住宅管理)

案件の概要

  • ・創業者が保有する資産管理会社で株式を保有
  • ・不慮の事態で創業者が急逝、円滑な相続と、事業承継を両立させるためにプロジェクトに着手
  • ・譲渡先は東証一部上場の大手総合通信業者
  • ・譲渡先は、既存ビジネスに加えてセキュリティ運用をワンストップで提供できる体制となった

GCAが考えるFor Client’s Best Interest

  • ・高い専門性を活かし、相続問題を円滑に解決する取引スキームを立案、実行を支援
  • ・相思相愛の相手先との間でも、緊張感を保ちつつ、条件交渉を支援
事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

GCAの特長GCAの特長

GCAは日本生まれの、世界トップクラスの
独立系M&Aアドバイザリーファームです
全世界の自社ネットワークの中から、貴社にとって最良のパートナーを見つけることができます

  • LEADING

    GCAは多数の案件関与実績を持つ世界トップクラスのM&Aファームです。

  • EXPERT

    特に、難易度の高い複雑な国内案件とクロスボーダー案件へ専門性の高い適切なアドバイスを行います。

  • 400+

    全世界で約400名の経験豊富なプロフェッショナルを擁しています。

  • 350+

    直近3年で350以上の案件成約実績があり、そのうち1/3がクロスボーダー案件です。

  • 7TH

    M&Aアドバイザリー上場企業では世界第7位の売上高規模を有します。

  • LISTED

    GCAは東証一部上場企業(証券コード:TSE2174)です。

注:2017年12月末時点

事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

よくあるご質問よくあるご質問

Q1GCAって何の会社?外資系なの?
  • ・GCAは日本生まれ、日本育ちの日本企業です
  • ・2004年に創業、以降自分たち自身もM&Aを実施して、
    世界11カ国に14オフィス、400名の陣容の会社になりました
  • ・世界のM&Aは、「仲介型」ではなく
    「アドバイザリー型(代理人型)」が標準です。
    世界のM&Aマーケットで培った高い専門性で企業オーナー
    の皆様の最大の課題である事業承継問題に取り組みます
Q2報酬が高いのではないか?
  • ・国内案件の成功報酬の算定には、基本的に取引金額に応じた
    報酬料率(1%~5%)を頂くレーマン方式を使用しています
    (別途最低金額を設定させて頂いております。また案件内容によって算定方式が異なる場合がございます。是非一度ご相談下さい)
  • ・レーマン方式は同業他社も含め一般的に使用されており
    ますM&Aの報酬算定方式です
Q3代理人型と仲介型どちらが良いか?
  • ・GCAは各お客様の意向を十分反映するためには代理人型を
    お勧めいたします
  • ・仲介型で懸念される点は、譲渡先候補が限られてしまうこと
    (報酬を払う事に同意したところだけが譲渡先になります)、
    そして「取引の成立」が主眼となり、「売り手の利益の最大化」より優先されてしまう可能性があることです
  • ・相手がいくら良いお相手でも、
    価格交渉では必ず利益相反(利害対立)がおきます。
    GCAが第一に優先しておりますのは、買い手、売り手のお客様双方から報酬を頂くことではなく、
    長年培った経験を活かし、各お客様の利益の最大化を図ることです
Q4不動産取引では仲介が一般的。
M&Aと不動産取引は何が違うか?
  • ・事業の価格は、いわば「一物百価」です。
    これが一般的な相場がある不動産取引との
    一番大きな違いです。
    買う人によって事業の価値は大きく異なってきます。
    M&Aでは、最初の提示価格から、
    最終的に値段が10倍になるようなことももちろんありえます
  • ・GCAではお客様にとって最良の取引-=を実現させるために全力を尽くします
事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

ご相談内容ご相談内容

具体的な第一歩、まずはご相談下さい。

1会社の属する業界の事業環境は?
例) 成長著しい分野なのか、同業者や得意先の業況はどうか、
規制の動向、IT技術の進歩による影響など
2自社の特徴(強み)は何か?
例) 顧客基盤、ブランド、技術、品質、生産コスト、調達ルート
3会社の資産や借入金の状況
例) 事業用不動産の利用状況やその価値、資産の含み損益、
銀行借入残高、担保、個人保証
4役員や従業員
例) キーとなる役員・従業員、スキル、定着率
5税金(法人・個人)
例) 株式譲渡や配当に対する課税方法の違い、
株式価値評価と贈与税・相続税、含み損益に対する課税、
会社に対する課税、納税資金の手当て
6残す事業・切離す事業
例) 異なる複数の事業がある場合、一部は子息・子女に承継させ、
他の部分は第三者に売却するという選択も考えられる。
事業承継に関してのお問合わせはこちら (無料でご相談・簡易の株価算定をお受けします) お電話でのお問合わせ:03-6212-7370(平日朝9時〜21時)

※GCAは売り手の代理人として法律行為を行うことはございません。